いい気分でいなければ幸せになれない?

スポンサーリンク
メンタル

 

いい気分でいる、を選択するということ。

感情が先で、現実が後からついてくるとはわかってはいても
つい目先の現状に一喜一憂してしまいます。
そしてまた望まない感情を送り出し、望まない現実を作ってしまう。

 

今までならここで罪悪感を感じてました。

 

いい気分でいなければいけないという思い込み。

 

でも、いい気分でいても悪い気分になっても、どっちでもいいのです。
良いとか悪いとか思うと余計にその感情に執着してしまいます。

 

 

いい気分でいよう、という選択をしようと覚悟を決めると
自分の感情に敏感になります。

 

今まで無意識に扱っていた感情を丁寧に見れるようになります。

 

それだけで気分が軽くなるから、なんだか不思議ですね。

 

 

今までだったら知らないうちに怒りのエネルギーに巻き込まれて
自分自身が怒りになっていたのですが
いい気分、という覚悟を決めたことで感情との間にちょっと隙間ができるんですね。

 

これってマインドフルネスだ、と感じました。

 

感情の渦に巻き込まれていると言語化も難しくて、ただただ翻弄されているけれど
マインドフルネスの一歩引いた感じは冷静でいられます。

 

わたしにはまだまだ頭の中を言語化して整理する必要がありあそうですが。

 

いい気分でいることを選択しても、いい気分でいなければいけない、は
必要なくて、幸せはどっちにもあるんですよね。

 

今日の思い込み

いい気分でいなければ幸せになれない。

思い込みになる前に気付けました。

 

今日の感謝

昨日から食べたいと思っていたピザ、

なんと差し入れでいただきました!

感謝というより、ラッキーかな。

ありがとうございます!!

 

 

 

1つづつ絡まった糸を解いていきます。

 

メンタル
スポンサーリンク
sharaをフォローする
思い込みから自由になる方法